フライヤー印刷の申し込み【コストパフォーマンスの面で優れている】

基礎知識を把握しておく

印刷物

印刷方法と特徴

新しいサービスや商品、またはイベントなどを多くの方に宣伝する際にフライヤーが使用される機会が多いです。フライヤーを作成する場合、部数の多さによっては業者に依頼した方がコストも安くなるので、フライヤー印刷は業者を活用する事をお勧めします。初めて活用される方は、事前にフライヤー印刷に関しての基礎知識を把握しておくと良いでしょう。フライヤー印刷には様々な印刷方法が利用でき、一般的に利用されているのがオフセット印刷です。オフセット印刷は専用の版を作成する事で印刷スピードも早くコストに優れている事が特徴です。部数の多い時に適していますが、少部数の際は返って費用が高くなる事もあるので注意しておきましょう。オンデマンド印刷もフライヤー印刷でよく使われる印刷方法です。オンデマンド印刷はデザインデータを直接用紙に印刷する方法で、少部数の際に利用される事が多いです。オフセット印刷に比べて画質が下がる事もありますが、近年では機能性も向上している為、綺麗な画質で作成する事も可能です。そして、使用する用紙にも多くの種類が使われます。フライヤー印刷に適している用紙ではコート紙やマット紙、上質紙などが挙げられます。フライヤーを配る目的、顧客対象に応じて印刷方法や用紙を組み合わせる事がフライヤー印刷では大切です。デザインが思い浮かばない、と言う方もデザイナーが在籍している印刷業者もあります。まずはイメージを伝え、相談してみると良いでしょう。